ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2019年07月23日 08時01分 公開

Microsoft、OpenAIに10億ドル出資し、汎用AI開発に取り組む

Microsoftとイーロン・マスク氏らが立ち上げたAI企業OpenAIがAGI(汎用AI)開発で提携する。MicrosoftがOpenAIに10億ドル出資し、OpenAIの独占的クラウドプロバイダーになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftとイーロン・マスク氏が共同会長を務める非営利の米AI研究企業OpenAIは7月22日(現地時間)、MicrosoftがOpenAIに10億ドル出資し、AGI(Artificial General Intelligence、汎用人工知能)開発を支援すると発表した。

 openai 1

 両社は2016年11月、OpenAIの主要なプラットフォームとして「Microsoft Azure」を採用すると発表しており、今回の発表では、MicrosoftをOpenAIの独占的クラウドプロバイダーとすることも明らかにした。

 また、共同でスーパーコンピューティング技術「Azure AI」の構築に取り組む。

 AGIは、汎用性、自立性のあるAIの総称。従来のAIは学習した特定の問題には適切に対処できるが、世界が実際に直面している困難な問題(自然災害、医療、教育など)に対処するには、自ら学習し、既存ではない情報を推論する能力が必要だ。

 OpenAIのサム・アルトマンCEOは発表文で「AGIの構築は、人類史上最も重要な技術開発になるだろう。われわれの使命は、AGIの構築が人類すべてに利益をもたらすようにすることだ。(中略)Microsoftがこのビジョンを深く共有していることは喜ばしい」と語った。

 Microsoftのサティア・ナデラCEOは「OpenAIの革新的な技術とAzure AIのスーパーコンピューティング技術を合わせることで、AIを常に安全に保ちつつ、万人に益となるようAIを民主化していきたい」と語った。

 openai 2 OpenAIのサム・アルトマンCEO(左)とMicrosoftのサティア・ナデラCEO

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.