ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年07月24日 11時44分 公開

Starbucks、Uber Eatsでの出前を全米展開へ

StarbucksがUberとの提携を拡大し、2020年初頭までに全米でUber Eatsでの出前を利用できるようにすると発表した。

[ITmedia]

 米Starbucksは7月23日(現地時間)、米Uberのフードデリバリーサービス「Uber Eats」による出前サービスを2020年初頭までに全米に拡大すると発表した。

 両社は2018年にマイアミと東京でUber Eatsでの出前のパイロットプログラムを開始した。Starbuckは中国ではAlibabaとの提携で出前サービスを展開している。

 米国では現在、Uber Eatsで11都市(ボストン、シカゴ、ダラス、ヒューストン、ロサンゼルス、マイアミ、ニューヨークシティ、オレンジカウンティ、サンフランシスコ、シアトル、ワシントンD.C.)でのみ出前を行っている。

 日本では現在、横浜、名古屋、大阪、福岡の一部の店舗でも出前サービスを行っている。

 出前の頼み方(日本語版)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.