ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2019年07月30日 15時45分 公開

セブン、「7iD」のパスワードを一斉リセット 7payの不正ログイン被害受け

セブン&アイ・ホールディングスが「7iD」のパスワードを一斉にリセット。7payでの不正ログイン被害を受けた措置で、利用者はパスワードを再設定する必要がある。

[ITmedia]

 セブン&アイ・ホールディングスは7月30日、モバイル決済サービス「7pay」や通販サイト「オムニ7」などのログインに必要な「7iD」のパスワードを、一斉にリセットしたと発表した。7payでの不正ログイン被害を受けた措置で、利用者はパスワードを再設定する必要がある。

photo モバイル決済サービス「7pay」

 同社によると、7payへの不正アクセスの被害者数は807人、被害額の合計は約3860万円(29日午後5時時点)。7月中旬以降、新たな被害は確認していないという。

 7payでは7月1日のリリース以降、第三者にアカウントを乗っ取られ、登録していたクレジットカードを不正利用される被害が相次いだ。運営元のセブン・ペイは4日までに、7payへの電子マネーのチャージと新規のアカウント登録を停止。今後、二段階認証の導入や、チャージ1回当たりの上限額の見直しを予定している。

photo セブン&アイ・ホールディングスの公式サイトより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.