ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2019年08月19日 18時55分 公開

4K映像と5Gでスタジアムを遠隔警備 KDDIとセコムが共同実験

KDDIとセコムが、5Gを活用してスタジアム周辺を警備する実証実験に成功したと発表。監視用カメラからの高精細な映像を、5G回線を通じて管制センターで受信し、広い範囲の異常を早期に発見する。

[谷井将人,ITmedia]

 KDDIとセコムは8月19日、4K映像や次世代通信「5G」などを使って大型競技施設を遠隔監視する実証実験に成功したと発表した。ドローン、ロボット、警備員が装着したカメラの高精細な映像とAIの画像認識技術を組み合わせることで、広い範囲の異常を早期に発見できるという。

photo

 実証実験を行った「東大阪市花園ラグビー場」(東大阪市)の会場周辺に、KDDIが開発中のスマートドローンやセコムの自律型巡視ロボット「セコムロボットX2」、ウェアラブルカメラを装着した警備員を配置。周囲を映した4K映像をセコムの移動型管制センターに5Gでリアルタイム送信した。

 管制センターでは、送られてきた映像をKDDI総合研究所が開発したAIで解析。映った人物の骨格の動きから行動を読み取り、不審者や体調不良で倒れた人などを認識して現場にいる管制員やロボットに指示を出せる。実験では、ドローンから約50メートル離れた人物を複数人同時に認識して行動を解析できたという。

photo

 KDDIとセコムは2017年2月に5Gの実証で提携し、スマートドローンを活用した警備体制の実証実験などを共同で行ってきた。3社は、スポーツ大会や国際会議を前に広い範囲を監視できるシステムや高精細な映像による監視技術への期待が高まる中で、「5Gを活用したセキュリティの実現を目指す」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.