ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年08月20日 14時43分 公開

「Tポイント」をビットコインに交換可能に 100ポイントにつき85円相当 bitFlyerとTポイント・ジャパンが提携

仮想通貨交換業者bitFlyerがTポイント・ジャパンと業務提携。「Tポイント」をビットコインに交換できるサービスを始めた。本人確認を済ませたユーザーを対象に、100ポイントにつき85円相当のビットコインを付与する。

[ITmedia]

 仮想通貨交換業者bitFlyerは8月20日、Tポイント・ジャパンと業務提携し、「Tポイント」をビットコインに交換できるサービスを始めると発表した。bitFlyerに口座を開設し、本人確認を済ませたユーザーを対象に、100ポイントにつき85円相当のビットコインを付与する。大手共通ポイントが仮想通貨への交換に対応するのは国内初。

 bitFlyerのユーザーは、自身のアカウントにログインした後、メニューから「パートナーサービス」を選択し、所定の利用手続きを済ませると交換が可能になる。

photo 「Tポイント」をビットコインに交換可能に

 このサービスと並行し、加盟店で「bitFlyer ウォレット」を使ってビットコインで決済したユーザーに対し、Tポイントを付与する取り組みも行う。付与率は500円相当の買い物ごとに1ポイント。対象店舗はエイチ・アイ・エス、ビックカメラ、ヤマダ電機など。

 bitFlyerの広報担当者は「7000万人近くの会員基盤を持つTポイントの協力を得て、新規ユーザーを獲得する狙いがある。今後は他のポイント事業者と連携する可能性もある」としている。

photo 「Tポイント」をビットコインに交換する画面

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.