ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年08月26日 13時43分 公開

“痴漢対策スタンプ”、シヤチハタが商品化 Twitterユーザーの提案受け開発

シヤチハタが「迷惑行為防止スタンプ」を発売。被害者が容疑者の手にハンコを押しておくと、ブラックライトで印影が浮き出る仕組み。

[ITmedia]

 シヤチハタは8月26日、痴漢などの証拠を残せる「迷惑行為防止スタンプ」の試作モデルを27日に発売すると発表した。被害者が容疑者の手にハンコを押しておくと、ブラックライトで印影が浮き出る仕組み。Twitter上での意見を踏まえて開発したもので、まず500個をテスト販売する。2500円(税別)。

photo

 5月上旬、Twitterユーザーが「痴漢されたら、安全ピンで刺すことを勧められた」というツイートを投稿し、「抑止につながる」「かえって傷害罪になるのではないか」などと物議を醸した。その際、同社がTwitter上で「安全ピンの代わりに、痴漢に目印を付けられるハンコを開発できないか」と提案を受け、開発を進めていた。

 開発したスタンプは、ブラックライトを照射すると光る特殊なインキを採用。太陽光や照明の下では無色透明だが、ブラックライトを当てると手のマークが浮かび上がる。かばんやポケットなどに取り付けられるリールコードと、携帯用のブラックライトとセットで販売する。印面のサイズは直径9ミリ。

photophoto

 今回のテスト販売は、実用性の他、スタンプを持ち歩くことで犯罪抑止につながるか、などを検証する狙いがある。今後もユーザーの意見を基に商品を改良するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.