ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年08月27日 14時38分 公開

卓球「Tリーグ」に初のビデオ判定 ソニーが技術提供 エッジボールなど判定

卓球の国内リーグ「Tリーグ」に、ソニーの技術を使ったビデオ判定システムが導入。卓球へのビデオ判定システム導入は国内初という。

[ITmedia]

 ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズは8月27日、卓球の国内リーグ「Tリーグ」に、同社の技術を使ったビデオ判定システムを提供すると発表した。卓球へのビデオ判定システム導入は国内初という。29日にスタートする2019〜20シーズンの開幕戦と最終戦で試験運用する。

画像 判定に使われる映像のイメージ(エッジボール時)
画像

 ビデオ判定システムは「リプレイ チャレンジ」という名称。サービスが相手コートに入る瞬間にネットに触れたかどうか(ネットイン)や、打ったボールが台の縁と側面のどちらに当たっていたか(エッジボール)を判定する。

 ネットイン判定用のカメラ1台(業務用メモリーカムコーダー「PXW-Z90」)を審判台上に、エッジボール判定用のカメラ4台(コンパクトデジタルカメラ「サイバーショットR RX0 II」×4)をネット脇に設置。撮影した映像は、ソニーグループのHawk-Eye Innovationsの審判判定補助システム「SMART Replay」に表示する。

 また、シーズン中の一部の試合で、スーパースローモーション映像の撮影を支援する。4Kで最大8倍速、フルHDで最大16倍速のスローモーション映像を収録できる業務用デジタルビデオカメラ「HDC-4800」で試合を撮影し、インターネットでライブ配信される公式映像に組み込む。

画像

 シーズン後半からは、選手が打った瞬間のボールの毎秒当たりの回転数を計算・分析するソフトを提供。スーパースローモーション映像内で回転数を表示する取り組みも始める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.