ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年08月28日 10時04分 公開

機内持ち込み禁止のリコールMacBook Pro、ユーザーはどう対応すべきか

米連邦航空局のリコール対象「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」機内持ち込み禁止を受け、航空会社が対応を表明した。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 リコール対象のMacBook Proで、メーカーの指示に従って修理が行われていない場合、航空機への機内持ち込みまたは預け荷物を禁止すると米連邦航空局が発表した

 この発表を受け、Virgin Australiaは、機内持ち込み手荷物でのみ許可すると案内している

photo Virgin Australia

 Singapore AirlinesThai Airwaysは、修理が行われていない場合は持ち込みを禁止すると発表。

photo Singapore Airlines

 航空会社によって、機内への持ち込み、預かりができない物品の両方または、預かりができない物品とするなど対応が異なる状況だが、国際便に関しては両方できないと考えた方が良いようだ。

 Appleは、2015年9月から2017年2月までの間に販売された「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」を対象にした「15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」を実施している。

photo 15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム

 この修理を受けると修理完了書が発行されるため、航空会社から指摘を受けた場合にはこの修理完了書を提示する必要がある。

 シリアル番号により修理該当しない「シリアル番号が対象外」の場合や、再生整備済品で修理の必要がない「既に修理済み」モデルの場合は、その診断結果画面を印刷しておく必要がある。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.