ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年09月04日 06時56分 公開

次期iPhoneはWi-Fi 6対応?

Wi-Fi 6ことIEEE 802.11axが次期iPhoneに搭載されるという予測が業界内で高まっている。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 MacRumorsは2019年1月、Barclaysのアナリストであるブレイン・カーティス氏によるCES 2019レポートの中で、次期iPhoneは「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応する可能性があると予測した

photo Wi-Fi 6

 2019年3月に発表され、日本では2019年5月に発売されスマートフォンとして初めて「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応した「Galaxy S10/S10+」は、変調方式(最高次数)「1024QAM」により、5GHz帯だけでなく2.4GHz帯の速度が改善され、最大600.4 Mbps(80 MHz、1ストリーム)、9607.8 Mbps(160 MHz、8ストリーム)転送性能となるため、11axの2ストリーム接続時で、最大1200Mbpsでの通信を可能としている。

 また、通信しない時の待機時間を長くするなどにより、消費電力を抑えられるため、バッテリーの持ちを改善する効果も期待できる。

 Appleも参加するWi-Fi Allianceに加盟するハードウェアメーカーの多くは、カーティス氏の予測が現実となると予想しているようだ。

 Galaxy S10/S10+は、Broadcomの「BCM4375」チップを採用しているため80MHz対応止まりだが、Appleは、160MHz対応している可能性があり、11axの2ストリーム接続時で、最大1733Mbpsでの通信が可能だと予想するメーカーもあるようだ。

photo iPhone 11のモックアップ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.