ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年09月12日 08時42分 公開

「Chrome 77」の安定版公開 証明書表示変更や52件の脆弱性修正

Googleが「Chrome 77」をWindows、Mac、Linux、Android向けに公開した。危険度最高の「Critical」1件を含む52件の脆弱性を修正した他、AndroidではURLの送信が手軽になった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Googleは9月10日(現地時間)、Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Chrome 77」(バージョン77.0.3865.75)をWindows、Mac、Linux、Android向けに公開した。数日から数週間かけて配信される。

 一般ユーザーが気づく違いとしては、これまでアドレスバーの錠前アイコンの右隣に表示されていたExtended Validation(EV)証明書の発行元名が表示されなくなった。錠前アイコンをクリックすると表示される。企業名の表示で混乱を招き、また、アドレスバーの貴重なスペースが占有されることを改善するのが目的としている。

 chrome 1 Chrome 76(上)とChrome 77(下)のEV証明書発行元表示

 また、デスクトップ版ではしばらく前から利用できるようになっていた「このページの送信」機能が、Android版でも使えるようになった。

 デスクトップ版では、アドレスバーでURLを選択すると右端にハードウェアのアイコンが表示され、これをクリックすると「お使いのデバイスに送信」として、同じGoogleアカウントで使っているデバイスが表示される。ここで送信先を選ぶと、送信先端末でプッシュ通知が表示され、これをタップ(クリック)するとChromeで同じURLが開く。

 Android版では、Webページを開いた状態で右上の3点アイコンをクリック→[共有...]→[Chromeお使いの...]→[送信先]で送信先を選ぶ。

 chrome 2 AndroidでのURLの送信

 セキュリティ関連では、危険度が最高の「Critical」1件、次のレベルの「High」8件を含む52件の脆弱性が修正された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.