ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年09月18日 13時26分 公開

ドコモ、5Gプレサービスをスタート ドコモショップに体験コーナー

ドコモが5G通信のプレサービスを始める。一部ドコモショップに5G体験コーナーを設置する他、法人向けの5Gサービス検証環境を強化する。

[谷井将人,ITmedia]

 NTTドコモは9月18日、商用設備を用いて5G通信を提供するプレサービスを20日に始めると発表した。一部ドコモショップに5G体験コーナーを設置する他、法人向けに提供している5Gサービス検証環境を強化する。

photo

 2020年春に始める5G商用サービスと同じ通信機器、19年4月に割り当てられた28GHz周波数の電波を活用。一般客向けには、丸の内や名古屋、大阪などの一部ドコモショップに5G体験コーナーを設置。5G対応のスマートフォンを展示し、米Magic LeapのMR(Mixed Reality:複合現実感)デバイス「Magic Leap One」を使った映像サービスを試験提供する。

5Gビジネス創出を加速

 ドコモは18年2月から、法人向けに5Gの技術情報などを提供する「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を実施している。参加企業・団体は19年9月時点で3000を超えており、今後も全国で100件以上のサービス検証を行う計画だ。

 9月20日からは、5G技術の検証環境「ドコモ5Gオープンラボ」を従来の4拠点から11拠点に拡大。企業は5G基地局や映像伝送装置を無償で利用し、自社で開発したシステムやコンテンツを持ち込んで検証できる。

photo

 ドコモはプレサービス開始に合わせて、5Gシステム検証用のクラウド基盤「ドコモオープンイノベーションクラウド」も提供。5Gを使ったシステムやサービス、コンテンツなどの活用事例を増やしていく。

 ドコモは今後、全国の競技施設や駅、空港などの5Gエリア化も進め、20年6月末までに全国に基地局を展開する予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.