ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年09月18日 15時42分 公開

アマゾン、独自の宅配ロッカー発表 対人のカウンターも 年内に約200カ所設置へ

アマゾンジャパンが、駅やコンビニなどに商品を届ける配送サービス「Amazon Hub」を発表。「Amazon Hub ロッカー」と、スタッフが荷物を受け渡す「Amazon Hub カウンター」を展開する。

[ITmedia]

 アマゾンジャパンは9月18日、駅やコンビニなどに商品を届ける配送サービス「Amazon Hub」を発表した。宅配ロッカー「Amazon Hub ロッカー」と、スタッフが荷物を受け渡す「Amazon Hub カウンター」を展開し、顧客が時間を問わず荷物を受け取れるようにする。

 9月中に東京・神奈川でロッカーとカウンターを合わせて数十カ所設置し、2019年内に両エリアを中心に約200カ所に広げる計画。20年以降は日本全国に順次拡大するという。

photo

 Amazon.co.jpの利用者は、商品を注文した際に、配送先としてAmazon Hubのロッカーかカウンターを指定できる。配送が完了するとメールで通知が届き、記載されたバーコードをロッカーかカウンターのスキャナーで読み取ると、商品を受け取れる仕組みだ。

 商品の代金と配送料以外に、追加の利用料は不要。商品の保管期間は、ロッカーは3日間、カウンターは14日間。Amazon Hubで受け取れるのはAmazon.co.jpが発送する商品のみで、一般の出品者が発送する商品や、「Prime Now」「Amazonフレッシュ」の商品は対象外。

photo

 ロッカーとカウンターの設置には、ファミリーマート、小田急電鉄、富士シティオ、昭和女子大学、東京海上日動火災保険、ecbo、りらく、大学生協事業連合などが協力する。

 アマゾンジャパンは、配達した商品を玄関や車庫などに置く「置き配」を始めるなどし、再配達の削減を進めている。同社のジェフ・ハヤシダ社長は「置き配に加え、Amazon Hubの導入により、顧客の利便性向上、宅配ドライバーの支援につながると考えている」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.