ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年09月30日 10時37分 公開

SpaceXのイーロン・マスクCEO、「半年以内に宇宙船での軌道飛行を実現する計画」

SpaceXのイーロン・マスクCEOが、宇宙船「Starship」のプロトタイプの前で、今後の飛行計画について語った。向こう1〜2カ月以内に軌道外テスト飛行を行い、うまくいけばその半年後に軌道飛行を実施する計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米宇宙企業のSpaceXのイーロン・マスクCEOは9月28日(現地時間)、米テキサス州ボカチカのテスト施設で開催したプレスイベントで、再利用可能な宇宙船「Starship」の初飛行を向こう1〜2カ月以内に実施する計画だと発表した。

 elon プレスイベントで計画を語るイーロン・マスクCEO

 マスク氏が計画を語る背後にそびえ立つのが、初飛行する予定のStarshipのプロトタイプ「Mk1」。全長約49メートルで、重さは約1400トン。初飛行は軌道外テスト飛行になる見込みだ。このテスト飛行が成功し、すべてがうまくいけば、そこから半年以内に軌道飛行を行うという。

 elon 2 Starshipの「Mk1」

 最終的にはこのStarshipにロケットブースター「Super Heavy」を接続するので、さらに巨大になる。

 elon 3 Starshipのサイズ比較。ミレニアム・ファルコン号より大きい

 Starshipは宇宙旅行後、再着陸できる。SpaceXは8月に行ったStarshipのプロトタイプ「Starhopper」の打ち上げテストで再着陸を成功させている。

 SpaceXは、最終的には、Starshipは最高100人を乗せての長期の惑星間飛行が可能になるとしている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.