ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年09月30日 11時47分 公開

Dropbox、“スマートワークスペース”を目指す新デスクトップアプリと「Dropbox Spaces」公開

Dropboxが、新しいデスクトップアプリと「Dropbox Spaces」を公開した。デスクトップやクラウドに分散するファイルやツールを統合し、Dropboxから離れずにSlackやGoogle Meet、Microsoft Officeなどを利用できるようにした。

[ITmedia]

 米Dropboxは9月25日(現地時間)、6月に発表した新デスクトップアプリと、新機能「Dropbox Spaces」を公開したと発表した。

 dropbox Dropbox Spacesの画面(Mac版)

 新アプリで目指すのは、SlackやG Suiteなど、他のアプリを開かずに、Dropboxアプリに留まったまま作業ができる「スーマートワークスペース」の提供だ。新アプリの主な機能は以下の通り。

  • メモやリンク、@メンションを追加することでフォルダをDropbox Spacesにする
  • ファイル、フォルダ、Dropbox Spacesをアプリ内で他のユーザーと共有し、共同作業する
  • ファイルやフォルダの固定
  • フォルダやDropbox SpacesにWebページのショートカットを保存する
  • DropboxからSlackを利用する。将来的にはTrelloも利用可能になる見込み
  • デスクトップから、Google Meet、Zoomミーティングなどに参加する
  • DropboxアカウントでMicrosoft OfficeやG Suiteのファイルを作成・保存する

 なお、新しいデスクトップアプリになってもファイルの同期方法は従来と変わらない。アプリを使わずに、従来通りエクスプローラーやFinderでDropboxフォルダを使うことも可能だ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.