ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年09月30日 12時04分 公開

メルカリ、会長と社長が交代 山田進太郎氏が社長に復帰

メルカリの社長と会長が交代。創業者の山田進太郎氏が社長に復帰し、社長職だった小泉文明氏が会長に。小泉氏は8月に買収した鹿島アントラーズの社長に就任しており、今後、アントラーズの経営や対外的な折衝に専念するため、社長職を山田氏に譲る。

[ITmedia]

 メルカリは9月27日、会長職を務めていた創業者の山田進太郎氏が社長に復帰し、社長職だった小泉文明氏が会長に就任したと発表した。小泉氏は8月に買収した鹿島アントラーズの社長に就任しており、今後、アントラーズの経営や対外的な折衝に専念するため、社長職を山田氏に譲る。メルカリの代表権はもともと山田氏が持っており、山田氏は引き続きCEOとして、グループ全体の中長期の成長にコミットする。

画像 メルカリ公式サイトの経営陣一覧より

 山田氏の肩書きは「代表取締役会長兼CEO」から「代表取締役CEO(社長)」に、小泉氏の肩書きは「取締役社長兼COO」から「取締役President(会長)」に変わる。

 役職の交代について、同社は「役割分担を明確化し、より強いチーム経営をしていくため」としている。

 メルカリは8月、鹿島アントラーズの経営権を取得。小泉氏がアントラーズの社長に就任していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.