ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年10月09日 15時52分 公開

Galaxy Foldを1週間がっつり使い倒して分かったこと これは飛び道具ではなく正常進化だ (2/4)

[ドリキン,ITmedia]

Galaxy Foldはタブレットなのか?

 開封記事などは既に上がっていますし、僕も購入直後に開封動画を「最速」公開してあるので、この記事では実際に1週間使い倒して分かったことにフォーカスし、このデバイスの魅力について語ってみたいと思います。

 このデバイスを記事などで見て最初に皆さんが想像するのは、Galaxy Foldはスマートフォンとタブレットをニコイチしたデバイスだということじゃないでしょうか?

 個人的にはこの意見には異論を唱えたいと思っています。Galaxy Foldはタブレットではなくてスマートフォンの進化の形の1つだというのが僕の今の印象です。

photo セットアップ中のGalaxy Fold

 スマートフォンというのはその名の通り「賢い電話」です。元々は電話をするだけの携帯電話に始まり、インターネット接続機能が加わり、アプリが使えるようになって様々な進化を遂げてきました。

 ハードウェア性能も進化し、より複雑かつ高度なタスクをこなせるようになったため、それに伴ってディスプレイが大きくなり、端末もそれに従って大型化しています。

 ただ、便利になる一方で、その大きさゆえに、本来の「電話」としてはどんどん使いにくくなっているように思えます。携帯しやすく、手のひらにおさめて通話しやすいサイズは、6インチ程度が限界ではないでしょうか。

 これよりも大きなサイズでiOSやAndroidを使うには、タブレットという選択肢を取ったほうが、性能や処理速度の観点からは便利です。ただ、僕も一時期実践してみて分かったのですが、iPad miniなどの比較的小型のタブレットでも、スマートフォン代わりに使おうとすると携帯性に問題が出てきます。昨今のiPadOSの登場などを見ても、タブレットは巨大なスマートフォンではなく、独自の進化を歩み始めていると思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.