ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年10月09日 15時52分 公開

Galaxy Foldを1週間がっつり使い倒して分かったこと これは飛び道具ではなく正常進化だ (4/4)

[ドリキン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

Galaxy Foldはコンデジを殺す?

 もう1つ、このフォールドした状態で気づいたことがあります。

 それはカメラとしての使いやすさです。最近のスマートフォンは新機種の売り文句にカメラ性能を挙げることが多いですが、個人的にはこれ、あんまり興味がないんですよね。

 なぜならスマートフォンで写真や動画を撮るのって楽しくないんです。ホールドしにくいし、シャッターボタン押しにくいし、特に動画を撮る時は、間違って画面を触って設定を変えないように気を使いながら撮影するスタイルがとてもストレスになります。

 Galaxy Foldを閉じた状態でカメラアプリを立ち上げてみたらこれがびっくり、下手なコンパクトデジタルカメラよりもホールド性はいいし、めちゃくちゃ撮影しやすいんですよね。

 現在のスマートフォンのフォームファクターではいくら画質が向上しても物理的な形状からカメラの撮影しやすさを実現することができない。だから「スマートフォンがカメラを殺す」ことはないなと思っていたのですが、Galaxy Foldは下手なカメラよりもホールド性が良くて、これならコンデジを持ち運ばなくてもいいかなと思えてしまうほどでした。

1週間目の結論

 実は僕は、このレビューの執筆依頼を受けた時に一度断りました。自分の中でも、まだこのGalaxy Foldというデバイスを完全に消化しきれておらず、日々さまざまな発見があるので、記事にまとめるのは難しいなと思っていたからです。ですが、編集者から「その時その時で感じたことを書いてくれればいいよ」と言ってもらえたので、まずは1週間使ってみた感想を書いてみました。

 今、僕はこのデバイス、ほんとに肌身離さず常に持っていて最高に気に入ってます。初代iPhoneを持った時の感動のような、常に使っていたいと思わせる魅力がこのデバイスにはあります。

 この魅力は決してスマートフォンとタブレットが融合したことで得られるものではなく、スマートフォンに感じていた窮屈さ、「もうちょっと画面が大きければもっと快適に使えるのに」みたいな不満が解消されたことによる心地よさだと思っています。

 折りたためるフラットディスプレイが唯一の解決策ではないと思いますが、これ以上画面サイズを大きくできないという制約に正面から取り組み、新たなソリューションとして製品化したこのデバイスは、飛び道具的な変わり種スマートフォンではなく、スマートフォンの正常進化の1つの未来を見せてもらったような気がしています。

 大きな壁は取り壊されたので、このことに気づいた他のメーカーはどんなアイデアを投入してくるのでしょうか? これからのスマートフォンの進化と、スマートフォンの可能性が広がる未来を想像すると、ワクワクせざるを得ません。

(サンフランシスコ Joe & the Juiceにて、Galaxy FoldのGoogle音声入力で執筆)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.