ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年10月11日 12時25分 公開

携帯3キャリア、台風対策発表 移動基地局車を配備 ショップでは無料充電サービスも

NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIの3社は、10月12日〜13日に日本列島に上陸すると見られる台風19号に備えた対策・支援体制をそれぞれ発表した。

[ITmedia]

 NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIの3社は、10月12日〜13日に日本列島に上陸すると見られる台風19号に備えた対策・支援体制をそれぞれ発表した。速やかな通信確保のため、移動基地局車などの配備を進めているという。各キャリアショップではスマートフォンなどの無料充電サービスを行う。

NTTドコモの発表文(一部)

NTTドコモ

 ドコモは、基地局の停電や故障に備え、移動基地局車や移動電源車の配備の他、復旧作業のための人員を各地域で確保しているという。被災地域での通信確保のため、市町村役場への衛星携帯電話やスマートフォンの貸し出しも準備している。

 ドコモショップ全店舗では、災害用充電機とバッテリーを準備。停電時にも無料充電サービスを提供するとしている。

 訪日外国人向けに、ドコモのSMSサービスを通じ、NHKなどと連携して災害関連情報を順次提供するという。

ソフトバンク

 ソフトバンクは、宮川潤一副社長を本部長とした災害対策本部を設置。台風の影響を受ける可能性が高い地域への移動電源車、移動基地局車、可搬型基地局、可搬型衛星アンテナなどの配備を進めている。

 ドコモショップ同様、全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップで充電用バッテリーを用意。無料充電サービスを提供できる体制を整えているという。

KDDI

 KDDIと沖縄セルラーは、公衆無線LANや充電設備の設置、携帯電話の貸し出しなどを支援の必要な地域で行うとする他、全国のauショップで無料充電サービスを行っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.