ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年10月07日 19時11分 公開

今年最強クラスの台風、日本列島接近の恐れ 内閣府が対策をTwitterで呼び掛け

10月6日に発生した台風19号が、「非常に強い」勢力で今週末の3連休(12〜14日)に日本列島へ接近する恐れがある。内閣府政府広報オンラインは事前の対策を呼び掛けている。

[井上輝一,ITmedia]

 10月6日に発生した台風19号が、「非常に強い」勢力で今週末の3連休(12〜14日)に日本列島へ接近する恐れがあると、日本気象協会やウェザーニューズなどが7日に伝えている。

気象庁による7日午後3時時点での台風19号進路予想

 気象庁の予報によると、日本への接近が予想される12日午後3時時点の台風19号の勢力は、中心気圧が950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速が秒速45メートル、最大瞬間風速が秒速60メートル。接近時の予報円(70%の確率で台風の中心が入る地域)には、九州東部から紀伊半島までが含まれている。

 この規模は、9月9日に上陸し、千葉県などに被害を及ぼした台風15号(最低気圧955ヘクトパスカル、最大風速秒速45メートル)と同程度。接近前の8〜9日にかけては、「非常に強い」より1段階上の「猛烈な」台風(最大風速秒速54メートル以上)まで発達する見通し。日本気象協会は、「もし予想通りになれば、今年、日本に近づく台風の中では最も強い勢力となる」としている。

 台風19号の発生を受け、内閣府政府広報オンライン(@gov_online)はTwitterで、「風が強まる前に家の対策を」と、事前の対策を呼び掛けている。確認すべき項目と内容は以下の通り。

  • 雨戸やシャッターがきちんと閉まるか点検、必要あれば補修を
  • 窓にひび割れやがたつきがないか確認する
  • 窓に雨戸やシャッターがない場合、割れた際のガラス飛散防止のためにカーテンを閉める、窓に飛散防止フィルムを貼るなどする
  • 雨どいに枯れ葉や砂などが詰まっていれば除去する
  • 屋根瓦やトタンがめくれたり壊れたりしていれば補修する
  • テレビアンテナが錆びたり緩んだりしてないか確認
  • 物干し竿は飛ばされないよう、下に下ろしておく
  • 庭木は飛ばされたり倒れないよう、ロープや支えなどで固定する
  • 強風で飛ばされそうな植木鉢は家の中へ
  • プロパンガスが固定されているか確認する
台風の到来に備え、事前にチェックすべき項目(内閣府より)

 台風15号を被災した千葉県では、倒木や土砂崩れなどによる長期の停電も発生した。台風19号による被害が予想される地域では、非常時の持出し品の中に、懐中電灯やラジオの他、スマートフォンを充電できるモバイルバッテリーや充電ケーブルも加えておきたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.