ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年10月15日 16時22分 公開

「dカーシェア」で無断売却トラブル 外国車3台が大阪市で被害に 捜査で全て発見、現在はオーナーに返還済み

NTTドコモが運営する「dカーシェア」で、個人が貸し出した外国車が売却されたり、返却されなかったりするトラブルが大阪市内で発生。発生時期は7〜8月で、被害に遭った車は3台。大阪府警による捜査の結果、現在は全て持ち主の元に戻っているという。

[ITmedia]

 NTTドコモは10月15日、運営するカーシェアリングサービス「dカーシェア」で、個人が貸し出した外国車が売却されたり、返却されなかったりするトラブルが大阪市内で起きたことを明らかにした。発生時期は7〜8月で、被害に遭った車は3台という。ドコモはITmedia NEWSの取材に対し、「大阪府警による捜査の結果、現在は全て持ち主の元に戻っている」(広報部、以下同)と状況を説明した。

 無断売却などが起きたのは、dカーシェアの個人間カーシェアリングサービス「マイカーシェア」。同サービスの利用規約では、車を受け渡す際、クルマの貸し主と借り主との間で運転免許証の原本を確認し合うよう定められているが、加害者はこれを偽造した可能性があるという。大阪府警は現在、詐欺などの疑いで捜査を進めている。

photo 「dカーシェア」の公式サイト

 ドコモはdカーシェアに会員登録の申し込みがあった際に、入力された個人情報を自社でチェックする仕組みを設けているが、同社は「チェックをより厳格化すれば(トラブルを)防げた」と説明した。発生後はチェックを強化したため、「9月以降に同様のトラブルは起きていない」という。大阪府警の照会に応じて情報提供するなど、捜査に協力したことも明らかにした。

 もし今後、同様の事態が起きた場合の対応策について、同社は「会員登録時のチェックをさらに厳格化するなど、状況を踏まえて適切な対応を取りたい」とした。

 ただ利用規約には上記のほか、「ドコモは車の共同使用契約の当事者にはならない」との旨が記載されている。今回は被害に遭った車が全て持ち主に返還されたが、仮に戻ってこなかった場合でも「(dカーシェアには)車の持ち主に補償を行うスキームはない」という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.