ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年10月17日 15時08分 公開

ロザリオをローマ法王庁がスマート化 十字を切ると起動し祈りをガイド

カトリックもウェアラブルに。

[松尾公也,ITmedia]

 見た目は十字架のついたロザリオだが、スマートフォンと接続して祈りを捧げる様々な機能を備えるスマートロザリオ「Click To Pray eRosary」が10月15日(現地時間)、バチカンのローマ法王庁で発表された。

photo Click To Pray eRosary
photo 充電台も付属する

 同製品を販売するPope’s Worldwide Prayer Networkは法王庁に属する、175年の歴史を持つ組織で、Acerの子会社であるGadgeTekと協力して開発した。

 Click To Pray eRosaryはブレスレットのように手首に巻きつけることができる、10個の珠と十字架を持つロザリオで、Android、iPhone向けの専用アプリと接続して使う。十字を切ると起動する。Bluetooth 5.0対応で、防水防塵性能はIP67。

photo 十字を切ると起動

 福音書の朗読に合わせて珠を1つずつ繰っていくロザリオを使った祈りをガイドする。

photo 珠を何個繰ったかが視覚的に分かる
photo 健康管理の機能も併せ持つ

 価格は99ユーロ(約1万2000円)。専用コマースサイトの他、イタリアのAmazonでも販売される。既に購入可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.