ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年10月24日 13時40分 公開

キヤノングループ会社 システム障害で一部業務停止 情報流出はなし

キヤノンマーケティングジャパンは、同社の受注関連システムに障害が発生し一部の業務を停止していると発表した。システムは24日午前10時ごろに復旧。

[谷井将人,ITmedia]

 キヤノングループのキヤノンマーケティングジャパンは10月23日、同社の受注関連システムに障害が発生し、一部の業務を停止したと発表した。システムは24日午前10時ごろに復旧。個人情報や取引情報の流出は発生していないという。

photo

 障害は15日に発生した。同社によると、認証システムを入れ替える際に生じたトラブルで、外部からの攻撃やウイルス感染によるものではないという。21日午後7時から復旧に向けたメンテナンスを行い、事前に予告した24日午前10時に復旧している。

 この障害で発注や納品などの業務が一部滞った他、キヤノン製品を販売するECサイト「キヤノンオンラインショップ」や修理受付サービスなどが一時停止したが、いずれもシステム復旧に伴い、サービスを再開している。

photo キヤノンオンラインショップ

 キヤノンマーケティングジャパンは、キヤノン製品や関連サービスなどの日本国内マーケティングを担当している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.