ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年10月23日 10時09分 公開

東京モーターショー2019:スイッチで変形するクルマ、スズキが披露 クーペとワゴンを自在にチェンジ

スズキがコンセプトPHEV「ワクスポ」を披露。車内のスイッチを押すと、クーペスタイルとワゴンスタイルを自動で切り替えられる。

[片渕陽平,ITmedia]

 車内のスイッチを押すとリアの車体構造が変化し、クーペスタイルとワゴンスタイルを自動で切り替えられる──スズキが10月23日、そんなコンパクトPHEV(プラグインハイブリッドカー)「ワクスポ」を、「第46回東京モーターショー2019」で披露した。好みが異なるドライバー同士でシェアすることを意識した1台だ。

photo

 車体だけでなく、コックピットの仕様も変化。必要な情報だけを表示する木目調のシンプルなモードと、大型モニターに多くの車両情報を表示するスポーツモードを切り替えられる。3世代にわたり、日常でも趣味でも使えることを目指したという。外寸は3700(全長)×1650(全幅)×1430(全高)ミリ。

photo リアの車体構造が変化する
photo

 ハンドルがない、完全自動運転のコンセプトカー「ハナレ」も公開した。前後対称のデザインで、前後を入れ替えての走行が可能。家の「離れ」のようにくつろげる空間を意識し、「ライフスタイルが多様化する近未来で、さまざまな利用シーンに対応する」という。外寸は3900(全長)×1800(全幅)×1900(全高)ミリ。

photo
photo

 スズキの鈴木俊宏社長は「自動車業界では、電動化、自動運転や、シェアリングなどこれまでにないサービスが生まれている。時代の潮流に合わせ、スズキがこれまで作り続けてきた小さなクルマの在り方も変えていく」と強調した。

 東京モーターショー2019は、25日に一般公開される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.