ITmedia NEWS > 製品動向 >
レビュー
» 2019年10月29日 06時00分 公開

iOS 13.2で暗い写真がきれいになる「Deep Fusion」実装 iPhone 11で速攻チェック Pixel 4とも比較 (1/2)

最新の「iOS 13.2」で新しい画像処理システム「Deep Fusion」が実装された。アップデート前後で写真の画質はどう変わるのか。簡易テストを行った。

[山口恵祐,ITmedia]

 Appleは10月29日未明、最新のソフトウェアアップデート「iOS 13.2」を公開した。今回の目玉機能は、「iPhone 11」シリーズに搭載した「A13 Bionic」チップの機械学習機能「Neural Engine」で実現する新しい画像処理システム「Deep Fusion」の実装だ。低照度の環境で撮影した写真の質感と細部の表現を大幅に向上させ、低ノイズな写真に仕上げられるという。同システムは屋内などの薄暗い環境下で威力を発揮するとのことだが、今回はナイトモード撮影時における画質変化について簡易レポートする。

photo

作例1

 撮影を試した環境は、小さな常夜灯を点灯させたほぼ真っ暗な室内だ。iOS 13.1.3とiOS 13.2のiPhone 11 Pro、比較用にPixel 4を用意して写真を撮り比べた。台に腕を当ててしっかり本体を固定し、フォーカスもなるべく被写体に合わせるようにしたが、設定はほぼカメラ任せという状況だ。

photo

iPhone 11 Pro(iOS 13.1.3)の通常モードで撮影。肉眼よりも少し明るく撮れている

photo iPhone 11 Pro(iOS 13.1.3)の通常モードで撮影

iPhone 11 Pro(iOS 13.1.3)のナイトモード

photo iPhone 11 Pro(iOS 13.1.3)のナイトモードで撮影

iPhone 11 Pro(iOS 13.2)のナイトモード

photo iPhone 11 Pro(iOS 13.2)のナイトモードで撮影

 アップデート前と後で比較してみると、明らかにノイズ感が減り、ぬいぐるみの起毛感や、表面の立体感が増している。黄色っぽく写っていた色味も自然に近づいていた。ぬいぐるみのタグに書かれた白い文字がつぶれていないところも見どころだろう。

photo

Pixel 4で撮影

photo Pixel 4の夜景モードで撮影
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.