ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年11月15日 16時37分 公開

一部のauケータイ向けサービス、2021年に終了へ スマホ普及で利用者減

KDDIが一部のauケータイ向けサービスの提供を2021年に終了すると発表した。スマートフォンの普及で利用者が減ったことが理由。

[谷井将人,ITmedia]

 KDDIは11月15日、「auテレビ」「まとめてau支払い/EZ有料情報サービス」など一部のauケータイ向けサービスの提供を2021年3月に終了すると発表した。スマートフォンの普及によりサービス利用者が減ったため。

photo auテレビのサービス概要

 終了するサービスは、auケータイ回線での決済を通信料金と合算して支払えるサービス「まとめてau支払い/EZ有料情報サービス」、auケータイやスマートフォンでテレビ番組表が見られる「auテレビ」、ニュース配信サービス「EZニュースフラッシュ増刊号」、オプションサービス「セレクトパック」。それぞれ「auかんたん決済」「auスマートパス」など後継サービスへの移行を勧めている。

photo 終了するサービスの一覧

 同社はサービス終了の理由として、4G LTEスマートフォンの普及によるサービス利用者の減少を挙げている。サービスごとの現在の利用者数は非公開としているが、auケータイの稼働数は現在数百万規模まで減少しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.