ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2019年11月19日 12時32分 公開

メガネを外さずバーチャル試着 AI活用「メガネ オン メガネ」、JINSが開発

自分のメガネを掛けたまま、違うメガネをバーチャル試着できるサービスを、JINSが始める。ディープラーニングを用いた画像生成技術を活用。「自分のメガネを外してしまうと試着しても裸眼で見えない」という顧客の悩みを解消する。

[ITmedia]

 自分のメガネを掛けたままディスプレイの前に立つと、掛けているメガネが消え、試着したいメガネが合成される──アイウェアメーカーのジンズ(JINS)が、そんなバーチャル試着のサービス「MEGANE on MEGANE」(メガネ オン メガネ)を11月22日に始める。ディープラーニングを用いた画像生成技術を活用。「メガネを試着する時、裸眼になってしまうため似合っているか分からない」という課題を解消する。

photo 「MEGANE on MEGANE」(メガネ オン メガネ)のイメージ

 利用者は、形状を読み取る装置に試着したいメガネを置き、自分のメガネを掛けたままディスプレイの画面を見つめる。するとディープラーニングを用いた画像生成技術により、ディスプレイの映像から自分のメガネが消え、代わりに試着したいメガネが合成される仕組みだ。

 同サービスは、22日にオープンする「JINS渋谷パルコ店」で提供。言語は日本語と英語に対応する。サングラスは対象外。

 AIが試着したメガネが似合っているかを点数化し“お似合い度”を判定してくれるサービス「JINS BRAIN」(ジンズ ブレイン)も導入する。

photo MEGANE on MEGANE フロー

 同店舗には、JINSの使い捨てコンタクトレンズ「JINS 1DAY」を購入できる自動販売機「TOUCH&COLLECT」(タッチ アンド コレクト)も設置。JINS公式アプリかLINE上のJINS公式アカウントを通じて必要な情報を事前登録しておき、スマートフォンを自販機にかざして決済する。「今すぐコンタクトレンズが必要」「購入に時間をかけたくない」という顧客のニーズに応える。

photo 「TOUCH & COLLECT」(タッチ アンド コレクト)イメージ

 同店舗が入店する商業施設「渋谷PARCO」は、22日にグランドオープン予定。JINSが出店する5階のフロアは、ファッションにテクノロジーを掛け合わせた売り場づくりを目指している。

 これまでJINSは、AIが似合うメガネを判定する技術や、耳に掛けないメガネを開発。渋谷PARCOの運営側にこうしたテクノロジーの活用実績が認められ、出店に至ったという。

photo 「JINS渋谷パルコ店」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.