ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年11月19日 16時58分 公開

トヨタがキャッシュレス決済に参入 プリペイド、クレジット、デビット払いが可能な「TOYOTA Wallet」リリース

トヨタ自動車がキャッシュレス決済に参入。スマホ決済アプリ「TOYOTA Wallet」(iOS)をリリースした。プリペイド型、クレジット型、デビット型の3種の決済方法に対応しており、用途に合わせて選べる。Android版は来春に提供予定。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は11月19日、スマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」(iOS)をリリースした。プリペイド型、クレジット型、デビット型の3種の決済方法に対応しており、用途に合わせて選べるのが特徴。Android版は来春に提供する予定。ネットにつながる自動車を開発するだけでなく、ビッグデータを活用した事業展開を目指す「コネクティッド戦略」の一環という。

 モビリティサービス向けの決済手段を提供することで、ITを活用して移動サービスをシームレスにつなぐ「MaaS」(Mobility as a Service)の普及に備える狙いもある。

photo トヨタ自動車が「TOYOTA Wallet」をリリース

 支払いの方式と加盟店は決済方法ごとに異なる。プリペイド型決済サービス「TOYOTA Wallet 残高」は非接触決済に対応しており、NTTドコモの「iD」、米Mastercardの「Mastercardコンタクトレス」の加盟店で利用できる。

 クレジット型決済サービス「TOYOTA TS CUBIC Origami pay」はバーコード決済に対応しており、Origamiの「Origami Pay」の加盟店で使える。デビット型決済サービス「銀行Pay」もバーコード決済で、GMOペイメントゲートウェイが手掛ける「銀行Pay」の加盟店で使える。

 利用料は無料。当初はこうした加盟店のみで利用可能だが、今後はトヨタ販売店、トヨタレンタカー、カーシェアサービス「TOYOTA SHARE」など、グループ内外の各種サービスでの支払いに対応する予定だ。

photo 「TOYOTA Wallet」の決済方法と加盟店

 開発にはトヨタの他、トヨタファイナンシャルサービスとトヨタファイナンスが携わった。パートナー企業の三井住友銀行、三井住友カード、Origamiも開発に協力した。

 トヨタは「決済サービスのみならず、人々の生活を豊かにするさまざまなサービスを拡充し、国内外で展開していく」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.