ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年11月26日 10時45分 公開

2019年のAirPods出荷台数は6000万個に 同カテゴリーの過半数維持

AppleはAirPods担当者をバイスプレジデントに引き上げるなど、組織面での強化も行っている。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 2019年のAirPods出荷台数は6000万個に達する見込みで、世界市場における完全ワイヤレスイヤフォンシェアの50%以上を維持する可能性があると、Bloombergが伝えている

 AirPodsは、Inventec、Luxshare Precision Industry、Goertekが部品や製造を受注しているが、需要と供給を満たす生産能力が足りない状況が続いていると情報筋は話しているそうだ。

 Counterpoint Researchが実施した世界完全ワイヤレスイヤフォンシェア調査によると、2019年第3四半期における総出荷数は3300万個で、そのうちAppleのシェアは45%で1位となり、Xiaomiは9%で2位、Samsungは6%で3位となっている。

photo Counterpoint Research 調査

 日本はAirPodsシリーズが月に10万個以上販売されていて、月に1万個以上販売するソニーやバリュートレードの完全ワイヤレスイヤフォンを大きく引き離している状況となっているようだ。

 Appleは2019年10月に、元Bowers & Wilkinsで音響担当のゲイリー・ギーブズ氏をバイスプレジデントに昇格させ、AirPodsなどの製品に関しての部門として立ち上げている。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.