ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年11月27日 10時46分 公開

Facebook傘下のOculus、人気VRゲーム「Beat Saber」の企業を買収

Facebook傘下のOculus VRが、人気VRゲーム「Beat Saber」の製造元であるチェコのBeat Gamesを買収した。HTC ViveやソニーのPlayStation VRのサポートは今後も続ける。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のOculus VRは11月26日(現地時間)、人気VRゲーム「Beat Saber」の製造元であるチェコのBeat Gamesを買収したと発表した。買収総額などの詳細は公表されていない。

 Beat Saberは、VRヘッドセットを装着し、音楽に合わせて飛んでくるキューブをサーベルで切っていくゲーム。2018年5月にSteamとOculusストアで公開され、現在はOcululsの一連のヘッドセット、HTC Vive、PlayStation VR、「Windows Mixed Reality」対応ヘッドセット(Samsung HMD Odyssey+など)をサポートする。販売本数は、今年初めに100万本を超えた。


 買収後、Beat GamesのチームはOculus Studioに参加するが、拠点であるプラハに留まって独立を保ち、Oculus以外のプラットフォームのサポートを継続する。

 beat Beat Gamesの告知ツイート

 Beat Saberは、オリジナル楽曲だけでなく、パニック!アット・ザ・ディスコやイマジン・ドラゴンズなどの人気アーティストとのコラボにより、人気曲をベースにしたパッケージも販売している。Facebook傘下になれば、アーティストとの交渉もしやすくなりそうだ。

 beat 2 アーティストとのコラボパッケージ

 Beat Saberでは、ユーザーがライセンスしていない楽曲でいわゆる「MOD」を公開しており、コミュニティが形成されている。Oculusは公式ブログで、MODがコミュニティにもたらす価値を維持するために最善を尽くすが、それは著作権侵害や違法改造を認めるということではないと説明した。

 同社はまた、「来年はVRゲーム関連の素晴らしい発表が続く年になるだろう。Beat Gamesの買収は、始まりにすぎない」とも述べた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.