ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年12月05日 08時01分 公開

Instagram、新規ユーザー登録で生年月日入力が必須に

Instagramに新規アカウントを開設する際、生年月日の入力が必須になった。13歳以下によるアカウント開設を防止するなど、ユーザーの安全を守るのが目的で、入力した生年月日が公開されることはないとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のInstagramは12月4日(現地時間)、新規ユーザー登録に際して生年月日の入力を必須にしたと発表した。ユーザーの安全を守る目的であり、プロフィールなどに表示することはないとしている。

 birth 1

 入力した生年月日は公開されないが、ユーザー自身は確認できる。確認するには、[プロフィール]→[プロフィールを編集]→[プロフィール情報]に表示される。

 Instagramは利用規約で、サービスを利用できるのは(日本を含むほとんどの国で)13歳以上と規定している。誕生日を入力させることで、13歳未満の人によるサービス利用を制限できる(正直に入力したかどうかをチェックする機能はないようだ)。

 既存ユーザーに対しては、本稿執筆現在は生年月日を追加するようには通知していない。

 InstagramとFacebookのアカウントを連携している場合、Facebookで入力した生年月日がInstagramにも自動的に適用される。Facebookで生年月日を編集すると、それがInstagramにも反映される。

 向こう数カ月中に、この生年月日情報をアカウント管理やプライバシー設定についてのアドバイスに生かしていくという(広告に利用するかどうかは明記されていない)。

 同社はまた、ユーザー保護の一環として、ユーザーが自分にメッセージを送れる相手と、自分をグループに追加できる相手を、自分がフォローしている相手だけに設定できるようにする。

 instagram 2 生年月日の入力(左)とメッセージの設定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.