ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年12月06日 21時50分 公開

神奈川県庁のHDD流出、容疑の業者は官民で取引多数の大手 防衛省も「しっかり調査する」 影響範囲大か (1/2)

神奈川県庁の行政文書が保存されたHDDが転売に掛けられ情報流出した問題に関連し、流出元のブロードリンクと取引があった防衛省は同社について調査する姿勢を見せた。

[谷井将人,ITmedia]

 神奈川県庁の破棄したHDDが、情報機器のリユース業者「ブロードリンク」(東京都中央区)の従業員によって転売され、個人情報を含むデータが外部に流出した事件を巡り、防衛省の河野太郎大臣は12月6日、2018年度に同省もブロードリンクとの取引があったことを定例記者会見で明らかにした。「防衛省として、今回のようなことが起きないようにしっかり対応させたい」(河野大臣)

photo 防衛省のWebサイトより

 神奈川県庁は6日、同庁の行政文書が保存されたHDDを処分する過程で、個人情報などが流出したとして謝罪した。

 同庁は2019年春、富士通リース(東京都千代田区)からレンタルしていたファイルサーバのHDDをメンテナンスのため交換した。業務を請け負った富士通リースは、古いHDDの処分を下請けのブロードリンクに外注していた。

 ブロードリンクはほとんどのHDDを物理的に破壊処分したが、従業員の1人が一部のHDDを破壊せずに横領。ネットオークションで転売し、個人情報を含むデータが流出した。転売されたHDDは計18台で、総容量は54TBに上る。9台はすでに神奈川県庁が回収したが、残りの9台の行方は不明。現在、警察が捜査を進めている。

 ブロードリンクは6日、「当社従業員による不正行為について」と題した声明文を発表。転売の容疑がある従業員に聞き取り調査を行ったところ事実を認めたため、警察へ届けた。同社は「対策本部を設置した。警察や行政機関と協力して原因究明に取り組む」と説明している。

photo
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.