ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年12月10日 20時07分 公開

マットレスとIoT家電が連携して眠りをサポート、パナソニックとふとんの西川

寝具メーカーの西川とパナソニックがセンサー内蔵マットレスとネットワーク対応の家電が連携する「快眠環境サポートサービス」を発表した。利用料は月額990円(税込)。

[ITmedia]

 寝具メーカーの西川とパナソニックは12月10日、センサー内蔵マットレスとネットワーク対応の家電が連携する「快眠環境サポートサービス」を発表した。パナソニックが新設したECストア「くらしサービスストア」で2020年3月18日から提供する。利用料は月額990円(税込)。対応する寝具や家電を別途購入して使える。

 微細な動きを検出する圧電ラインセンサーを内蔵した西川の「エアーコネクテッド SIマットレス」(14万800円、税込)を使用。呼吸する上半身などの動きから睡眠時間や睡眠の状態を測定する。データはクラウド上に保存され、それを基にパナソニック製のネットワーク対応エアコンやシーリングライトを制御する仕組みだ。

圧電ラインセンサーを内蔵した「エアーコネクテッド SIマットレス」

 例えば入眠時には適した温度や風向き、風量にエアコンをコントロール。スピーカーを搭載したシーリングライト(LINK STYLE LEDシリーズ)は、音楽の音量を徐々に小さくし、入眠を検知すると自動的に消音する。起床時間が近づくとエアコンは室内の温度を上げ、LEDシーリングライトは部屋を徐々に明るくして、ユーザーのすっきりとした目覚めを促す。

取得したデータを基に家電を制御

 ユーザーはパナソニックの専用アプリ「Your Sleep」で睡眠深度や睡眠スコアを確認できる。睡眠スコアは、睡眠時間や寝つくまでの時間、途中で覚醒した回数など6項目で評価したもの。西川が監修した睡眠の質を高めるためのアドバイスも参照できる。

 パナソニックでは、近年の「働き方改革」の広まりもあり、休息の重要性が注目されていると指摘。快眠環境サポートサービスで2020年度に2000契約を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.