ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年05月29日 12時22分 公開

ポケGOで「寝ているカビゴン」大量発生チュウ ポケモンの新事業戦略説明会で

スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)で5月29日、“寝ているカビゴン”が大量発生。複数のカビゴンが雑魚寝する姿も。「目が覚めると、またどこかに行ってしまうかもしれません」(米Nianticのジョン・ハンケCEO)

[芹澤隆徳,ITmedia]

 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)で5月29日午前10時過ぎ、“寝ているカビゴン”が大量発生した。同時刻、ポケモン社は事業戦略説明会を開催し、歩行や睡眠を計測できる新デバイス「Pokemon GO Plus+」の開発を表明。米Nianticのジョン・ハンケCEOは、「ポケモン社の挑戦をわれわれもサポートしたい。カビゴンもワクワクしているようです」と出現を予告していた。

寝ているカビゴンが大量発生
AR撮影機能「AR+」を使うと、「寝ているカビゴンに道をふさがれる」という原作ゲームのイベントを実際に体験できる
寝顔のアップ
捕獲画面でも睡眠中
寝たままボールに吸い込まれる。しかも寝たまましつこく脱出する
カビゴンの雑魚寝

 寝ているカビゴンは捕獲画面に入っても寝たまま。AR(拡張現実)撮影機能の「AR+」を使えば、「寝ているカビゴンに道をふさがれる」という原作ゲームのイベントを追体験できる。

 ポケモンGOの公式Twitterアカウントによると、カビゴンが寝ているのは期間限定。6月3日までに捕まえたカビゴンは特別なわざ「あくび」(通常わざ)を覚えているという。「(カビゴンは)目が覚めると、またどこかに行ってしまうかもしれません」(ハンケ氏)

【更新:2019年5月29日15時45分更新 ※ポケモンGO公式Twitterアカウントの情報を追記しました】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.