ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年05月29日 11時25分 公開

ポケモン、「歩く」の次は「眠る」へ Pokemon GOと連携する新デバイスも登場

ポケモン社は、「睡眠」をエンターテインメント化する新たな取り組みを発表した。「Pokemon GO」と連携し、歩行や睡眠を計測できる新デバイスや、睡眠をコンセプトにした新しいスマホゲーム「Pokemon Sleep」の開発に取り組む。

[井上輝一,ITmedia]

 ポケモン社は5月29日、「睡眠」をエンターテインメント化する新たな取り組みを発表した。スマートフォンゲーム「Pokemon GO」と連携し、歩行や睡眠を計測できる新デバイス「Pokemon GO Plus+」や、睡眠をコンセプトにした新しいスマートフォンゲーム「Pokemon Sleep」の開発に取り組む。

 ポケモン社の石原恒和代表取締役社長は、「Pokemon GOで『歩くこと』をエンターテインメント化してきた」とした上で、「人生の多くの時間を費やす『睡眠』のエンターテインメント化が次のチャレンジ」と語った。

 睡眠のエンターテインメント化には、「Pokemon GOとの連携」と「新アプリの開発」の2軸でアプローチする。

 Pokemon GOとの連携では、新デバイス「Pokemon GO Plus+」(ポケモンゴープラスプラス)を任天堂が開発。加速度センサーを内蔵し、睡眠時に枕元に同デバイスを置くことで睡眠時間などを計測し、Bluetoothでスマートフォンに睡眠データを転送できる。睡眠時以外では従来の「Pokemon GO Plus」同様にポケモンやアイテムのゲットに利用できる。

Pokemon GO Plus+Pokemon GO Plus+ 新デバイス「Pokemon GO Plus+」(ポケモンゴープラスプラス)
従来の「Pokemon GO Plus」同様にポケモンやアイテムのゲットにも利用できる

 Pokemon GOを開発する米Nianticのジョン・ハンケCEOは、「健康的なライフスタイルに欠かせないのが、歩くことに加えてよく休むこと。ゲーム内で、どのような形で良質の休息とPokemon GOを結びつけるかは現在開発中だ」と話した。

 睡眠がテーマの新スマートフォンゲーム「Pokemon Sleep」は、スマートフォンゲーム「はねろ!コイキング」を開発したセレクトボタンとポケモン社が共同で製作する。「朝起きるのが楽しみになるゲーム」をコンセプトに、2020年のリリースを目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.