ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年12月11日 16時24分 公開

ディズニー、アナ雪2のステマ騒動で再びコメント 「クリエイターに責任はない」

映画「アナと雪の女王2」の宣伝でステルスマーケティングが疑われていた問題について、ウォルトディズニージャパンは「クリエイターに責任はない」とし、自社の責任を強調する謝罪文を発表した。

[谷井将人,ITmedia]

 Twitter上で複数の漫画家が映画「アナと雪の女王2」を宣伝する漫画を一斉に投稿し、ステルスマーケティングが疑われていた問題で、ウォルトディズニージャパンは12月11日、レビュー漫画企画に参加した漫画家とファンに向け謝罪文を発表した。「クリエイターに責任はない」「社内指針順守の不徹底が招いた結果」など、自社の責任を強調した。

photo 12月11日の謝罪文

 ウォルト・ディズニー・ジャパンは、アナと雪の女王2の広告と宣伝を複数のパートナー企業に依頼。Twitter上では12月3日午後7時ごろに7人の漫画家がレビュー漫画を公開したが、投稿時間に偏りがあったことや投稿に広告であることが分かる表示がなかったことから、「ステルスマーケティングではないか」と批判されていた。

 ウォルト・ディズニー・ジャパンは4日、ITmedia NEWS編集部の取材に対し「依頼の段階で伝達ミスがあり、広告表示がなされなかった。意図して起きたものではない」と回答。「今回のトラブルについて、公式サイトなどでの発表予定はない」としていたが、5日には同社公式サイトで正式な謝罪文を公開。今回の謝罪文は2件目となる。

photo 12月5日の謝罪文

 同社は11日の謝罪文で「参加したクリエイターに迷惑を掛けている事実を大変厳粛に受け止めている」とし、「本件(アナと雪の女王2の騒動)を含む類似の案件は、ディズニーが設けているマーケティング指針の周知や順守の不徹底が招いた結果であり、参加したクリエイターに責任はない」とコメントした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.