ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年12月11日 18時57分 公開

ゲームで遊びながら子供の姿勢を良くする「しせいカメラ」、AIベンチャーが販売

AI関連ベンチャーのAcculusがゲームを使って子供に正しい姿勢を意識させる「しせいカメラ」を開発。台数限定で販売する。

[ITmedia]

 AI関連ベンチャーのAcculus(神奈川県鎌倉市)は12月11日、ゲームを使って子供に正しい姿勢を意識させる「しせいカメラ」の早期開発版を販売すると発表した。価格は2万4000円(税込)。

「しせいカメラ」

 カメラをテレビなどの前に置き、子どもを撮影すると、画像解析AIが手や足、肩などの関節を検出して姿勢を分析。例えば正中線が真っすぐになっているか、片足立ちを持続できるかを認識する。画面では子供の周囲に猫や異星人などのキャラクターが現れ、ARゲームで遊びながら姿勢を良くすることを意識させたり、体幹を鍛えることを促すという。

「しせいカメラ」の画面
「しせいカメラ」。本体にカメラをUSB接続して子供を撮影する

 しせいカメラには、米NVIDIAのGPUを搭載する組み込みAIモジュール「NVIDIA Jetson Nano」を採用。画像から複数人の関節位置を19点まで検出できる「AcculusPose」を動かしている。AcculusPoseは同社が独自に開発したもので、しせいカメラの他、作業場で働く人たちの動作解析やお年寄りの見守りや介護、監視カメラなどへの応用も可能だとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.