ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年12月16日 15時38分 公開

「ミライアカリ」などのVTuber事務所が年内に運営終了 「行き届かない点が多々あった」 (1/2)

バーチャルYouTuber(VTuber)のマネジメント事務所「ENTUM」が、年内に運営を終える。同事務所に所属する「ミライアカリ」は、今後フリーで活動していく。

[井上輝一,ITmedia]

 バーチャルYouTuber(VTuber)のマネジメント事務所「ENTUM」を運営するZIZAI(東京都渋谷区)は12月16日、年内に運営を終了すると発表した。同事務所に所属する「ミライアカリ」は、今後フリーで活動するとしている。

ZIZAIの発表文

 ZIZAIは事務所の運営を止める理由について、「業界の動向変化に伴い、事務所のサポートやプロデュースの体制に行き届かない点が多々ある」とした上、「(運営の続行は)所属タレントの活動を制限してしまう可能性があると判断した」と説明している。

 ENTUMに所属するVTuberのうち、YouTubeチャンネル登録者数が最も多いのはミライアカリで74万人。次いで「猫宮ひなた」(登録者数53万人)など、所属VTuberのファンは少なくない。

ミライアカリ猫宮ひなた ENTUMに所属するVTuber「ミライアカリ」(左)と「猫宮ひなた」(右)

 ミライアカリさんはTwitterで、「フリーとしてこれからも変わらず活動する」とコメント。猫宮ひなたさんは「ふぁっ!?」と戸惑いを見せているが、今後の活動について言及はしていない。

 ZIZAIは、ENTUMの運営終了に伴いVTuberの「皆守ひいろ」と「花野蜜」の活動終了を発表しているが、現所属VTuberへの技術・機材提供などのサポートは継続するとしている。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.