ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2019年12月16日 19時42分 公開

AIが交通事故の危険度を推定、カメラ映像から交通量など分析 NECと沖縄電力が実験

NECと沖縄電力が、AIを用いて交通事故の危険度を推定する実験を始めた。電柱に設置したカメラでクルマや歩行者などを撮影し、時間帯ごとに交通事故が起きる確率を算出する。実験は沖縄県うるま市内の通学路で、2020年2月まで行う。

[ITmedia]

 NECと沖縄電力は12月16日、カメラで撮影した交差点の映像をAIで分析し、交通事故が起きる確率を予測する実験を沖縄県うるま市で始めた。期間は2020年2月まで。予測したデータを活用し、市民への注意喚起などに役立てる狙い。

photo 分析画面のイメージ

 うるま市内の通学路である安慶名(あげな)交差点近くの電柱にカメラを設置し、交差点の様子を撮影。クルマや歩行者の交通量などのデータを基に、AIが時間帯ごとに交通事故が起きる確率を算出する。予測したデータは、県内の自治体や事業者が利用する「沖縄IoTプラットフォーム」に提供し、市民への注意喚起などに役立てることも視野に入れる。

 今後は、過去の交通事故に関する情報や、学校が持つ登下校時間などのデータ、気象データなども取り入れ、予測精度の向上を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.