ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年12月18日 07時13分 公開

「Mac Pro(2019)」をiFixitが分解 修理しやすさは「マスタークラス」

iFixitが、12月11日に発売された「Mac Pro(2019)」の分解レポートを公開した。ユーザーによる拡張を前提としているだけに、修理しやすさは10点満点で9点と「マスタークラス」だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleが12月11日に発売した「Mac Pro(2019)」を米iFixitが分解し、分解レポートを公開した。元々ユーザーによる性能拡張を前提とした設計になっているだけのことはあり、同社の恒例“修理しやすさ”は10点満点で9点と今年最高の評価だった。

 pro 1 Mac Proの分解完成図(画像:iFixit)

 iFixitはMac Proを「美しく、驚くほどうまく構成されており、修理しやすさはマスタークラス」と評価。各種モジュールはツールを使わずに交換でき、ネジやコネクタのほとんどが標準的なものであり、ユーザーが修理しやすいように無料の修理マニュアルがあり、本体の要所要所にステップ番号が振ってあることなどが高評価に繋がった。

 マイナス1点の理由は、SSDもモジュールではあるが、AppleのT2プロセッサに接続しており、SSDの交換はApple認定サービスプロバイダーに依頼する必要があるためだ。

 pro 2 SSDの取り外し(画像:iFixit)

 iFixitは分解前に「チーズおろし」と呼ばれているMac Proのケースで実際にチーズをおろした(うまくおろせはしなかった)。その汚れは、iFixitが販売するオリジナルのツールできれいに除去でき、匂いもしなくなったとしている。

 pro 3 チーズの汚れ(画像:iFixit)

 iFixitは、「チーズがちゃんとおろせないというのはユーザーにとって重要な情報だ。なぜうちにはレビュー用製品を送ってくれないんだろう」と書いている。Mac Proの販売価格は59万9800円からだ。iFixitのレポートはこちらで読める。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.