ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年12月19日 08時54分 公開

Mac Pro (2019) ベンチマーク 旧世代Mac Pro、iMac Proよりどのくらい強力?

2013年版Mac Proからどれだけ進化したか、プロ向けiMacと比べてどうか。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Geekbench(64bit)を使った「Mac Pro (2019)」のベンチマークデータが、Geekbench Browserにアップされていたので、それを元に比較してみた。

photo Geekbench 5

 Mac Pro (Late 2013) 、iMac Pro (2017) の店頭販売仕様で計測したGeekbench 5計測データを比較に使っている。

 Mac Pro (Late 2013) /4 Core Xeon E5 3.7GHz/16GBRAM/Dual FirePro D500を、Mac Pro (2019)/8 Core Xeon W 3.5GHz/32GB/Radeon Pro 580Xと比べた場合約1.6倍、Mac Pro (Late 2013) /12 Core Xeon E5 2.7GHzとMac Pro (2019)/28 Core Xeon W 2.5GHzを比べた場合約2.7倍速いという結果が得られた。

 メインメモリが増えると、CPUスコアも上昇することが分かっている。

Geekbench 5データ

GPU性能は?

 Geekbenchの「Geekbench 5 Compute」で、GPU性能を計測してみた。

photo Geekbench 5 Compute

 macOSで計測出来るのは「Metal」と「OpenCL」ベンチマークで、GPUはCPU性能にもある程度依存する。

 Mac Pro (Late 2013) /6 Core Xeon E5 3.5GHz/Dual FirePro D500とMac Pro (2019) /8 Core Xeon W 3.5GHz/Radeon Pro 580Xを比較した場合、OpenCLスコアは新Mac Proが約1.35倍、Metalスコアは約1.8倍高速。Mac Pro (Late 2013) /12 Core Xeon E5 2.7GHz/Dual FirePro D700とMac Pro (2019) /16 Core Xeon W 3.2GHz/AMD Radeon Pro Vega II Duoを比較した場合、OpenCLスコアは約2.9倍、Metalスコアは約3倍速くなっていた。

 Mac Pro (2019)は、GPUが2個搭載されたAMD Radeon Pro Vega II Duoを2つ搭載可能で、その場合、さらにGPU性能が高くなることになる。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.