ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2020年01月08日 12時42分 公開

CES 2020:Samsung、ボール型で人なつこい家庭用ロボット「Ballie」を披露

Samsungが、手の平に乗るサイズでボール型の家庭用AIロボット「Ballie」を披露した。発売時期などは不明。転がりながらオーナーの後をついて回り、スマートホーム家電を制御したり、オーナーにさまざまな通知をしたりする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsは1月7日(米国時間)、ラスベガスで開催のCES 2020での発表イベントで、ボール型のAI搭載ロボット「Ballie」を披露した。発売予定や仕様などはまだ公表せず、カンファレンスの「ゲスト」として紹介した形だ。

 ballie カンファレンスで披露されたBallie

 登壇した同社家電部門のH.S.キムCEOのそばに転がりながら登場したBallieは、キム氏が歩くとついて回った。

 別途公開されたプロモーション動画(記事末に転載)では、Ballieが家の中を自由に転がりながら、朝はオーナーを起こしてスマートホーム家電への命令を代行したり、オーナーの留守中にペットのコーギーがさみしくないようテレビをつけて、その様子の映像を外出中のオーナーに送ったり、コーギーが部屋を汚すとロボット掃除機を起動させて掃除したり、オーナーのフィットネスをサポートしたりする様子が描かれている。

 ballie 2 ペットの相手もしてくれる
 ballie 3 ロボット掃除機を起動

 音声アシスタントがBixbyなのかや充電方法などは不明。色は青、緑、黄、橙、紫の5色になるようだ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.