ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年02月07日 15時59分 公開

客がスマホで商品スキャン レジ待ち減らすNEC「セルフスキャンショッピング」

買い物客が店内で自分のスマートフォンを使って購入商品をスキャンし、決済する店舗向けソリューション「セルフスキャンショッピング」をNECが4月に発売する。

[ITmedia]

 NECは、買い物客が店内で自分のスマートフォンを使って購入商品をスキャンし、決済まで行える小売店向けソリューション「セルフスキャンショッピング」を4月に発売すると発表した。顧客のレジ待ち時間の短縮や、店舗従業員の業務負荷削減につながるとしている。

画像

 来店客向け専用アプリと、基幹システムや顧客システムなどの既存システムと連携するAPIで構成。客が事前にスマホアプリをインストールした上で来店し、店内で商品をかごに入れる際に、スマホカメラでバーコードをスキャンする。

 決済は、現金とクレジットカードに対応。現金決済時は、アプリから支払い用バーコードを表示し、会計マシンにかざせばOKだ。

 今後、スマホ内でカードや電子マネーで決済機能、AIやARを活用した機能などを順次追加していく計画だ。

 価格は、店舗ライセンスが100万円、企業ライセンスは個別見積もり。3年間で3億5000万円の売り上げを見込む(ライセンス費用のみ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.