ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年02月12日 09時45分 公開

Microsoft、2画面端末OS「Windows 10X」のSDKとエミュレーター公開

Microsoftが、今年のホリデーシーズンに発売する予定の2画面端末「Surface Neo」および「Surface Duo」のためのOS「Windows 10X」のエミューレーターとSDKをリリースした。

[ITmedia]

 米Microsoftは2月11日(現地時間)、年内に発売する予定の「Surface Neo」を含む2画面端末のための専用OS「Windows 10X」のエミュレーターとSDKを公開したと発表した。開発者向けWebサイトからダウンロードできる。

 10x 1

 アプリ開発者はこれらのツールを使うことで、Neoの発売までにアプリを対応させることができる。

 エミュレーター「Windows 10X Emulator Image 10.0.19563.0(Preview)」はMicrosoft Storeからもダウンロード可能。Windows 10のバージョン195.00以上、DirectX 11.0以上などのシステム要件がある(ダウンロードページに詳細がある)。

 10x 2 エミュレーター

 Microsoftはまた、Windows 10Xのコンテナシステムについて、新たに説明した。コンテナでは、Win32、UWP、Webアプリが実行可能になる予定だ。コンテナを採用することでセキュリティを強化できるだけでなく、既存のWindowsアプリにあまり変更を加えずに機能させることができるとMicrosoftは説明する。

 10x 3 コンテナでは3タイプのアプリが稼働する

 また、米AppleのMacBook Proの「Touchbar」のような「Wonder Bar」の詳細も紹介した。

 Wonder Barは、Surface Neoのような2画面端末をノートPCのように使う際、キーボード側のディスプレイにハードウェアキーボードを設置すると表示される小さな画面と関連するツールだ。アプリ開発者はWonder Barに表示するツールも設定できる。

 10x 4 Wonder Bar

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.