ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年02月18日 17時09分 公開

セブン‐イレブン、クレカなどのタッチ決済に対応 6月から

全国のセブン‐イレブン店舗で、6月からクレジットカードなどのタッチ決済に対応するシステムが導入される。

[ITmedia]

 セブン‐イレブン・ジャパンは2月18日、全国のセブン‐イレブン店舗で、クレジットカードなどの非接触決済(NFC Type A/B方式)に6月から対応すると発表した。顧客がレジの専用端末にカードをかざすだけで、暗証番号を入力せずに支払えるようにする。キャッシュレス決済の選択肢を増やすことで、顧客の利便性向上を図る。

 ビザ・ワールドワイド・ジャパン、Mastercard、ジェーシービー、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル、三井住友トラストクラブと提携。5社が発行するクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードのタッチ決済に対応する。

 支払い額が一定金額を超える場合は、暗証番号の入力を求める場合があるという。

 セブン‐イレブン・ジャパンは、「世界ではNFC Type A/B方式による非接触決済が一般的になっている」と説明。2020年夏の東京五輪で想定される訪日外国人需要などに応えるため、キャッシュレス決済の環境整備を進めていくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.