ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年02月21日 09時00分 公開

Innovative Tech:木箱ブロックを自由に配置する、多機能スマート家具システム「Foxels」

木製のキューブブロックを組み合わせることで、様々な機能を持たせることが可能な「スマート家具」登場。

[山下裕毅,ITmedia]

Innovative Tech:

このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。

  University of Applied Sciences Upper Austria、スタンフォード大学、東京工業大学の研究チームが1月に発表した「Foxels」(Furniture Voxels)は、インタラクティブに配置換えできるモジュール型スマート家具システムだ(PDFへのリンク)。

photo Foxelsの使用例

 各モジュールは、重量約4kg、一辺36cmの木製ビルディングブロック。モジュールの各側面には磁気コネクターがあり、モジュール同士の近隣を検出する。並べ替えるごとに更新され、検出/喪失を繰り返す。NodeMCUやRaspberry Piなどのマイクロコントローラーに対応し、充電式で電力供給する。

photo Foxelモジュールの各側面に配置する磁気コネクター。(黄)送信コネクター、(赤)受信コネクター、(黒)接地コネクター

 各モジュールを並べたり積み重ねたりして、テーブル、いす、棚といったインテリアをインタラクティブに構築できる。また、180cmのボードと組み合わせるとさらにバリエーションが増える。

photo Foxelsは、さまざまな組み合わせが可能

 

 各モジュールには機能を付与できる。プッシュボタン、近接センサー、タイマー、スキャナー、圧力センサー、さまざまなモノをキーにできるMakey Makeyなどを入力機能としてカスタマイズが可能。

 他にも、スピーカー、電源、LEDライト、ディスプレイ、プロジェクタなど、さまざまな出力機能もカスタマイズ可能だ。合計24個の機能を実装した。

photo 各モジュールに機能を追加できる

 研究チームは、さまざまなユースケースを紹介している。例えば、ボタンを押すとライトが点灯、椅子に座るとライトが点灯、タイマーで消灯、ARコントローラーでライトの色を調整、箱の横を通るとベルが鳴る、書類をスキャンしてモニターやプロジェクターに映す、書類をスキャンするとそのままメール送信など。使い方は多様だ。

photo Foxelsを用いたさまざまなユースケース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.