ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年03月03日 09時42分 公開

家で遊ぶ「ポケモンGO」、日本などで救済措置 GOバトルリーグ無料化に色違いのダークライも

米Nianticは、新型コロナウイルスの感染が広がっている日本、韓国、イタリア地域に向けた救済措置を発表した。対人戦の「GOバトルリーグ」の無料化など、家の中でプレイできる形にする。19日まで。

[ITmedia]

 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)を運営する米Nianticは3月3日、新型コロナウイルスの感染が広がっている日本、韓国、イタリア地域に向けた救済措置を発表した。「コミュニティ・デイ」や「レイドアワー」といった人が集まりやすいイベントを延期や中止にする一方、対人戦の「GOバトルリーグ」の無料化など、家の中でプレイできる形にする。3月3日から19日まで実施する。

既に始まっている「ボルトロス」の伝説レイドバトルなどは継続する

 19日までに実施予定だった「レイドウィークエンド」「レイドアワー」「スポットライトアワー」「ふしぎなボーナスアワー」などの期間限定イベントは中止する。3月のコミュニティ・デイは延期し、新しい開催日はアプリ内ニュースやブログなどで改めて発表するという。

 一方、家の中でも遊べるようにポケモンを引き寄せるアイテム「おこう」を半額で販売する。おこうは通常の2倍の1時間有効となり、ポケモンもさらに出現しやすくなる。

 オンラインマッチングの対人戦、GOバトルリーグは通常1セット(5戦)プレイするために3km歩くか、ゲーム内通貨のポケコインを消費する必要があるが、同期間は無料になる(既に3km歩き始めていた場合は残りの距離を歩く必要がある)。勝利数に応じた報酬(リワード)も増え、「ズルッグ」など、ここでしか捕獲できないポケモンが登場しやすくなるという。

伝説のポケモンがGOバトルリーグの報酬に

 レイドウィークエンドで伝説レイドバトルに登場する予定だった幻のポケモン「ダークライ」や伝説のポケモン「ギラティナ(アナザーフォルム)」は、期間を区切ってGOバトルリーグの報酬として出現する。

幻のポケモン「ダークライ」

 3月6日(金)の午前8時から9日(月)の午後10時までに参戦すると、報酬としてダークライが一定の確率で登場し、運が良ければ色違いも。13日(金)の午前8時から16日(月)の午後10時まではギラティナ(アナザーフォルム)となり、同じく色違いの可能性もあるという。その他の期間は現在の伝説レイドバトルと同じ「ボルトロス」が出現する予定だ。

【訂正:2020年3月3日更新 ※Nianticの説明を追記しました】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.