ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年03月05日 18時14分 公開

イープラス、新型コロナによるチケット払い戻し費用を全額負担

イープラスが、新型コロナ感染症の影響で中止になったイベントのチケット払い戻し費用を全額負担すると発表。通常は興行主催者が負担するものだが、ライブやイベントを待つファンのために役に立ちたいと考え、今回の決定に至ったという。

[ITmedia]

 チケット販売大手のイープラスは3月5日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になったイベントのチケット払い戻し費用全額を、興行主催者に代わって負担すると発表した。2月1日〜3月31日までに中止が決まったイベントが対象。イープラスは「ライブやイベントを心待ちするファンのために、微力ながらも役立ちたい」としている。

対象の興行と対応内容(イープラスより)

 通常、イベントが中止された場合、チケット購入者から返送されるチケットの郵便代金に加え、開封作業や返金処理などが発生するため、イープラスは興行主催者に対して中止払い戻し手数料を請求している。

 しかし、新型コロナの感染拡大によってイベントの中止が相次ぎ、興行主催者が対応に追われていることなどから、イープラスが払い戻し手数料を全額負担するという。

 イープラスの倉見尚也社長は、「早期の事態の収束を祈るとともに、各種ライブ・エンタテインメントを早くお客さまに届けられるよう当社も微力ながらも協力していくことが、この業界に携わる者として必要だと考え、このような対応を決断した」としている。

イープラスの倉見尚也社長のコメント

 払い戻しによる今期(2019年4月〜20年3月)業績への影響は、数億円を見込んでいるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.