ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年03月10日 15時25分 公開

新型コロナ予防効果うたう広告に消費者庁が改善要請 マイナスイオン発生器や空間除菌剤も

新型コロナウイルス感染症の拡大に乗じ、感染予防効果を標ぼうする広告を表示していた事業者に消費者庁が改善を要請。健康食品、マイナスイオン発生器、空間除菌剤で30事業者の46商品が該当した。

[ITmedia]

 消費者庁は3月10日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に乗じ、感染予防効果を標ぼうする広告を表示していた健康食品やマイナスイオン発生器、空間除菌剤の販売事業者に対し、緊急的に改善を要請したと発表した。一般消費者への注意喚起も行った。

一般消費者への注意喚起

 消費者庁が2月25日から3月6日にインターネット広告を緊急監視したところ、30事業者の46商品で「ビタミンCはコロナウイルスから体を守る」「新型コロナウイルスはマイナスイオンで死滅します!」「身に付けるだけで空間のウイルス除去・除菌」といった新型コロナウイルスに対する予防効果を標ぼうする文言が見つかった。

 消費者庁では、新型コロナウイルスは性状特性が明らかになっておらず、現時点で予防効果をうたうのは客観性と合理性を欠くと指摘。景品表示法(優良誤認)と健康増進法(食品の虚偽、誇大表示)の規定に違反する可能性が高いとしている。

いわゆる健康食品で表示していた効果など
マイナスイオン発生器や空間除菌剤で表示していた効果など

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.