ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年03月23日 20時03分 公開

ミクシィ、最終利益予想を2.4倍に上方修正 モンストのコラボ企画が好調

ミクシィが2020年3月期の通期連結業績予想を上方修正。モンストで実施した、他社IPとのコラボ企画による収益が好調に推移したためという。修正後の連結業績予想は、売上高が従来予想比7.8%増の1110億円、営業利益が同72.2%増の155億円、最終利益が同2.4倍の95億円。

[ITmedia]

 ミクシィは3月23日、2020年3月期(19年4月〜20年3月)の通期連結業績予想を上方修正すると発表した。主力のスマートフォンゲーム「モンスターストライク」(モンスト)で実施した、他社IPとのコラボレーション企画が好調だったためという。

photo モンストのコラボ企画が好調

 修正後の連結業績予想は、売上高が従来予想比7.8%増の1110億円、営業利益が同72.2%増の155億円、最終利益が同2.4倍の95億円。ただし、予想通りに推移した場合も、前期実績(売上高1440億円、営業利益410億円、最終利益265億円)からは減収減益となる。

 ミクシィが20年3月期の通期連結業績予想を上方修正するのは2月に続いて2度目。前回は、期中に連結子会社化した3社の業績を加味したことなどを主な要因に挙げていた。2月以降に実施したコラボの好調を受け、再度の上方修正に至ったとしている。

 モンストが2月以降にコラボした他社IPは、「鬼滅の刃」「FAIRY TAIL」などがある。

photo 修正後の連結業績予想

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.