ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年03月27日 10時07分 公開

Apple純正ARオーサリングツールのReality ComposerがLiDARスキャナー対応

新型iPad Proに搭載されたLiDARを活用したARコンテンツを制作できる。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleが、iPhone/iPad用拡張現実アプリ「Reality Composer 1.4」を、App Storeで無料配布開始している。

photo Reality Composer

 AR体験のプロトタイプやコンテンツ制作を誰でも簡単に行えるアプリで、Xcodeを使用してAppに組み込んだり、AR Quick Lookにエクスポートしたりできる。

 iOSとMac上でアニメーションやインタラクションを作成して、3Dコンテンツの魅力を高めることができる。

 バージョン 1.4の新機能は次のとおり:

  • AR Quick Look用に作成されたAR体験にアクセシビリティの注釈が追加される
  • プロジェクトからシーンを直接.usdzファイルとして書き出すことができる
  • バグが修正され、パフォーマンスが改善される

 11インチiPad Pro(第2世代)および12.9インチiPad Pro(第4世代)での新機能は次のとおり:

photo 新iPad Proに搭載されたLiDAR
  • オブジェクトオクルージョン: バーチャルオブジェクトが現実のオブジェクトの後ろに隠れるようになり、あたかもその場にあるかのように周辺環境に収まる
  • ARのシーンとバーチャルオブジェクトをすばやく配置できる

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.